· 

頭痛による経済損失

現在、日本の「偏頭痛」人口は約840万人。

身体のリズムを一定に保つセロトニンという物質が、季節の変わり目や環境の変化などで低下することにより発生すると言われています。

また、偏頭痛を抱えている人のうち、寝込むなどの日常生活に支障をきたす人の割合は約70%にものぼると言われています。

 

その一方で「たかが頭痛」と思っている人も少なくない。偏頭痛を病気と認識していなかったり、市販の頭痛薬で対処するだけの人が多く、医療機関への受信率は30%以下にとどまっているそうです。

 

頭痛になっても会社を休めず、無理して出勤しても、結局は能率が上がらないことがほとんどです。そんな経済損失を計算すると1人あたり年間25万円、このような損失があったという結果が出ているそうです、これを日本中で合わせると経済損失が2兆円ということになるそうです。

 

能率の上がらない「偏頭痛」。

たかが頭痛と安易に済ませず、薬に頼らないでしっかりと根本から治療することが重要だと考えます。

 

当院では薬に頼らないで、手だけで頭痛を治します。

「偏頭痛」でお悩みの方は、ぜひ一度当院にご相談ください。